背骨・骨盤の「ゆがみ」はなぜおこるのか?

健康スキル

アンチエイジングのセルフケアのスキルを検証・レビューするサイトです。リンパマッサージ、ストレッチ、経絡、スキンケア等、自分で実践する方法と注意点を解説しています。

ホーム » 健康スキルの基礎知識 » 背骨・骨盤の「ゆがみ」はなぜおこるのか?

背骨・骨盤の「ゆがみ」はなぜおこるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

ゆがみと痛み

「背骨がゆがむ」「骨盤がゆがむ」このような状態がいろいろと健康に悪影響をあたえることをご存知の方は多いと思います。

 

そもそも「背骨のゆがみ」や「骨盤のゆがみ」はナゼおこるのでしょうか?

 

実績豊富な柔道整復師の山内英嗣(やまうち ひでつぐ)氏の書籍『ストレスの9割はストレッチで消せる』(2015年4月 マイナビ)にとても分かりやすい説明がありました。

体がゆがむ原因は「骨格筋」の片寄りにあり

山内英嗣 氏の書籍『ストレスの9割はストレッチで消せる』「第2章ストレスはなぜたまる?どう消せる?」のストレスが体をゆがませる? その理由は「骨格筋」にありでは、

 

著者、山内氏が実際に施術した患者さんをみても「体の左右が完全に対象」という人はいない。

 

人は誰でも、なんらかのゆがみをかかえているとあります。

 

利き手や利き足があったり、そもそも内臓の配置が非対称だったりと、やはり人は、毎日の生活のなかで意識せずに、左右のどちらかに負担をかけた状態になっています。

 

負荷のかけ方もひとりひとり異なり、また体の部位によっても異なりますが、自動的にほかの部位でバランスをとりながら、ふだん立ったり歩いたり、座ったりしているのです。

 

誰もが、どこかしらにゆがみをかかえ、その人なりに全身でバランスの帳尻を合わせながら生きているのですね。(50ページ)

 

例えば、自分が履いている靴の裏を見た時、左右の靴底の踵(かかと)の部分のすり減り方が異なってる人、いるのではないでしょうか?(私の場合、右側が多くすり減る傾向にあります。)でも、日常で片方の足に負荷がかかっている感覚・意識はありませんよね。

 

「誰もが、どこかしらにゆがみをかかえ、その人なりに全身でバランスの帳尻を合わせながら生きている」…無意識に調整しているわけですね。

 

では、体に悪影響が出るようなレベルの「強いゆがみ」はどのような理由で起こるのでしょうか?

 

強いゆがみはなぜおこるか?

 

強い肉体的・精神的ストレスによって、筋肉に持続的に緊張がかかると、その筋肉は収縮した状態が続き、伸びづらくなってきます。

 

その状態が左右どちらかに片寄って続けば、筋肉は一方向にひっぱられたままになります。その片寄が背骨や骨盤についている筋肉「骨格筋」におこることで、体に強いゆがみが生じるのです。

 

よく「背骨のゆがみ」「骨盤のゆがみ」と言われますが、それは背骨や骨盤など骨そのものがゆがんでいるのではなく、その状態の大元は、筋肉のアンバランスなのです。

 

そこで、ストレッチで筋肉の片寄った緊張をほぐせば、体のゆがみも軽くなるというわけです。(50~51ページ)

 

「背骨のゆがみ」「骨盤のゆがみ」は背骨や骨盤など「骨」がゆがんでいるのではなく、大元は、「筋肉のアンバランス」なのです。

 

「精神的に強いストレスを感じながら仕事をしているとき、(私の場合は理不尽な顧客のクレーム、そしてその対応などの場合)、無意識のうちに、体のどこかしらの筋肉が緊張した状態になる…強い力をかけて…そこがだんだんこってくる。」そんな経験ありませんか?

 

また、急な仕事で集中してパソコンのキーボードをうっているとき、 無意識のうちに肩に力がはいって(力んでいる)…そんな力みは本来必要ないのに…

 

肉体的ストレスと精神的なストレスの影響の違い

予定外の作業とかで、変な姿勢で腰を一時的に酷使して腰痛になった…これは強い肉体的なストレスですが、原因はハッキリしている分、それをやめ、養生・休息すれば、自然と解決でるでしょう。

 

しかし、強い精神的なストレスの場合は、自分の思わぬ骨格筋部分を緊張させている…これは一種の「癖」のようなものであるため、気付きにくいものです。

 

そのため、そのような片寄った筋肉の使い方の繰り返しによって、酷使している筋肉が気付かないうちに硬くなり、それが左右いずれか一方の骨格筋に偏った場合、筋肉の動きに片寄りがでて、バランスが崩れ、結果「大きなゆがみ」と化すということになります。

 

そして、やがておとずれるのが「痛み」や「不調」というわけです。

 

【本の紹介】

ストレッチの9割はストレッチで消せる

書名:ストレスの9割はストレッチで消せる
著者:山内英嗣(やまうち ひでつぐ)
出版社:マイナビ
出版日:2015年4月30日

 

<目次>
はじめに
第1章 正しい意思決定とストレスの関係
第2章 ストレスはなぜたまる?どう消せる?
第3章 心と体を軽くする、ストレッチの基本知識
第4章 忙しいビジネスパーソンのための時短・簡単「ストレスバスター・ストレッチ」
第5章 ストレッチのキモは「習慣化」にあり
最終章 今日のストレッチが未来を変える

巻末資料 ストレスを消すストレッチ一覧
おわりに
参考文献

⇒「ストレスの9割はストレッチで消せる」の詳細をアマゾンで確認する
⇒「ストレスの9割はストレッチで消せる」の詳細をアマゾンで確認する

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
メタ情報