アンチエイジング・セルフケアの健康スキル

健康スキル

アンチエイジングのセルフケアのスキルを検証・レビューするサイトです。リンパマッサージ、ストレッチ、経絡、スキンケア等、自分で実践する方法と注意点を解説しています。

ホーム » 健康スキルの基礎知識 » 女性のむくみやすさの理由を筋肉(量)で知り、対策する。

女性のむくみやすさの理由を筋肉(量)で知り、対策する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

‚Þ‚­‚݃Cƒ‰ƒXƒg

体の「むくみ」の悩みをかかえているのは男性より女性が多いようです。
なぜ、女性の方が「むくみ」やすいのか?

その理由は、男性と女性の筋肉「量」の違い、一般的に女性の方が筋肉が少ないことにあるようです。

 

では、なぜ「筋肉量が少ないとむくみやすくなるのか?」その理由について、

リンパの権威といわれる大橋俊夫教授の著書『リンパマッサージ健康法(著者:大橋俊夫、佐藤佳代子2013年8月PHP) 』にとてもわかりやすい解説がありました。

※女性がむくみやすいわけ

男性と女性で比べると、女性のほうがむくみやすい傾向にあります。
男性でも年をとるとむくみやすくなってきます。
女性や高齢者がむくみやすいのは、男性に比べて筋肉が少ないためです。

筋肉は、男性ホルモンの働きで発達します。
ですから、日常的にスポーツを行なっている女性を除けば、一般的に女性の方が筋肉量が少なく、リンパの流れを促す筋肉の作用(筋ポンプ作用)が弱くなっています。(19ページ)

 

女性が男性と比べ、むくみやすいことの理由は、「筋肉が少ない」。

つまり、むくみの原因のひとつとして筋肉量が関係していることがわかります。

 

「むくみやすい原因」は「筋肉が少ない」を結びつける根拠となるのは、

「男性でも、筋肉が減ればむくみやすくなる」という現象で理解できます。

 

男性も年をとるとむくみやすくなる

男性も年をとるにつれて筋肉が減っていきます。
加えて、体を動かす機会も減っていくので、むくみがおこりやすくなります。(19ページ)

 

男性でも、高齢化により、筋肉が減少して、「リンパの流れを促す筋肉の作用(筋ポンプ作用)が弱くなる」と、(女性同様)むくみやすい体質になることがわかります。

 

以上のことから、むくみやすい体質の改善には3つの方向性があると考えられます。

むくみやすい体質の改善への対策…3つの方向性

男女ともに30代以降から筋肉は減少傾向になるといいます。
その上、仕事で1日の大半をイスに座ったまっまで過ごす人となると、日々、単調で限られた筋肉しか使わない、結果、使わない筋肉が増え、筋肉の減少量はさらに加速すると考えられます。

 

その結果、リンパの流れを促す筋ポンプ作用が衰えるので、その結果、体がむくみやすくなるということがわかりました。

 

では、むくみやすい体質の方はどのような対策をとるべきか?…

その対策には以下の3つの方向性が考えられます。

 

全身のリンパの流れを「手技」により促進するex.リンパマッサージ(リンパドレナージ)

全身の筋肉を動かし、本来の「筋ポンプ」を作用させる…ex.ストレッチ

筋ポンプをパワーアップさせるex.「筋肉を増やすための運動(法)筋トレ」

 

以上3つについて、もう少し深く、根拠をふくめて解説すると、

 

①と②に関しては、「全身」という視点を重視しています。なぜなら、リンパマッサージ(リンパドレナージ)、ストレッチは、全身のリンパの流れを良好にすることを可能にするものだからです。全身のリンパの流れを良好にするという目的に対し、リンパマッサージ(リンパドレナージ)、ストレッチは取り組みやすいボディケア・ボディメンテナンスの手法といえます。

 

一方、③の筋ポンプをパワーアップさせるという意味での、筋トレ…筋肉の増強は、鍛えるべき筋肉には、優先順位があります。「インナーマッスル」と「脚の筋肉。ふくらはぎ、ふともも」です。

 

なぜなら、(①②がボディケア・ボディメンテナンス的な要素があるのに対し)筋トレ(筋肉の増強)は、その言葉のごとく「トレーニング」…筋肉に「負荷」をかけるものであり、肉体的にも精神的にも、それなりに「ハード」感をともないます。

 

あなたが、アスリートなら別として、「健康のため」という人であれば、継続するには、必要最小限にしたい(できれば、避けたい)ことです(よネ)。……そういう意味で、取り組むべき優先順位を、リンパへの筋ポンプ効果の高い、腹部の深層リンパに働きかけるインナーマッスルと、大きい筋肉(筋ポンプ効果が高い)脚の筋肉への筋トレを重視すべきなのです。

 

以上が、むくみ体質改善への(積極的な)取り組みの方向性とその根拠となります。

 

 

【本の紹介】
書名:老廃物を流して、むくみを解消・免疫力UP! リンパマッサージ健康法
著者:大橋俊夫(信州大学医学部教授)、佐藤佳代子(後藤学園付属リンパ浮腫研究所所長

著者の肩書については、本書が出版された当時のものです)
出版社:PHP研究所

<目次>
第1章 リンパのしくみを理解して上手に流せば、健康になる
・むくみの原因となるリンパはこうして生まれる
・リンパ管は体の「排水管」
・足のリンパは十二時間かけて鎖骨まで流れる
・女性と高齢者はむくみやすい
・病的なむくみに対してマッサージは厳禁

 

第2章 これが効く!部位別・症状別リンパマッサージ
・リンパドレナージの「7つのポイント」

 

第3章 最新の研究でわかったリンパを流すと免疫力があがる!
・リンパマッサージは免疫系にも影響を及ぼす
・免疫は体を守る人体防衛軍
・キーワードは、アルブミンの濃度
・免疫を高めるなら足のリンパマッサージが最適

 

第4章 リンパが流れる食と生活の習慣
睡眠-足のリンパは夜流れる
食事-高たんぱく食品+発酵食品
入浴-体をじっくり温めたあとにマッサージする
運動-筋ポンプをパワーアップする

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
メタ情報